2009年04月01日

CAMP大原日誌34

実はこんな事が
CAMP大原でおなじみボッシュ上等兵(WW2ドイツ装備)に事件が‥

イベント終了後に故郷に帰る予定だったボッシュ上等兵。
しかし、前日はミリタリーブログ作業の手伝いや雑用をこなす彼の睡眠時間は片手で数える程度に落ち込んでしまったのだicon15
「7時に起きて電車に乗ります、絶対寝坊なんてしないっすicon14ハハハ」と元気に答える彼だった。

そして朝を迎えたicon01

めでたく寝坊し、気付けばAM9時icon11、寝坊した人がビクッと反射的に目覚める独特の動きで目覚めたボッシュ上等兵。
「ウッソ!マジっすかーーーicon10
激しく落胆する彼face07

ここからの決断が早かった!「オイラ、ヒッチハイクで帰りますicon21
かくしてCAMP大原スタッフのボッシュ上等兵による「ボッシュの帰還」が始まるのです。
ちなみにボッシュと戦艦大和は同じ故郷です。

インターチェンジを目指すボッシュ

緊張でカタカナの「ジ」が描けない

クマーン大尉に見送られ、遥か彼方の故郷を目指して、ボッシュ上等兵は出発しました。
心優しい運ちゃんに出会えるのか!?







同じカテゴリー(スタッフの日常)の記事画像
CAMP大原日誌44
CAMP大原日誌35
同じカテゴリー(スタッフの日常)の記事
 CAMP大原日誌44 (2009-05-08 00:17)
 CAMP大原日誌35 (2009-04-01 12:04)

Posted by CAMP大原管理人  at 14:33 │Comments(0)スタッフの日常

<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。