2012年02月13日

資材置き場へ、、、、

今日は、フィールド整備の際にバリケード設営で使う、資材の購入に枚方へ行った。
場所は枚方市尊延寺、京都から2時間程度で到着した。
実際は1時間程度なのだろうが、市内で色々と用事を済ませた結果、この時間になっていた。
資材置き場とは、大概の場合、山手や少し町から離れた場所にあるものだ。
こちらの会社も例に漏れず、山手にあった。
看板は無く、携帯のナビが便りであったが、無事に到着した。
簡易舗装のガタガタ道を4t車で走ると車体が揺れる。
到着した所は、単管やタワー枠等の俗に言う足場資材専門の保管場所であった。
敷地内では、作業員が資材の洗浄と点検に追われていた。
単管で作られた資材置き場は100m四方を区切った敷地で、敷地内には屋根の付いた作業場とプレハブの事務所があった。
近くに居た作業員に聞き、事務所へ入る、事務所には受付の女性と社長とおぼしき初老の男性が静かに事務作業をこなしていた。
「あの〜すいません」声をかけると事務の女性が対応してくれた。
「ああ、キャンプ大原さんですね。」
話を聞くと資材は外にまとめてくれていた。
フォークリフトで資材を4t車へ積み込んでもらう。
相当に重いらしく、車のサスペンションが沈み込んだ。
敷地内を見渡すと資材が山の様に積まれている。
中古品と新品が入り交じっている。
しかし、どれもよく整理されており、キレイに積み上げられていた。
敷地内でCQBフィールドとしてすぐにでも使えそうな場所であった。

フィールド構築へ一歩進む。

2月17日、フィールドの中に骨組みが完成する。
15日にも雨の中作業をした、あと少しでバリケードが完成する。





同じカテゴリー(フィールド構築記録)の記事画像
フィールド整備
フィールド整備中
塹壕出現
バリケード増設しました
本日の大原クラシックの様子
草刈り
同じカテゴリー(フィールド構築記録)の記事
 フィールド整備 (2015-04-21 18:40)
 フィールド整備中 (2012-02-11 20:47)
 塹壕出現 (2011-07-09 16:31)
 バリケード増設しました (2011-03-14 11:15)
 本日の大原クラシックの様子 (2010-02-08 00:57)
 草刈り (2009-05-29 00:50)

Posted by CAMP大原管理人  at 21:55 │Comments(0)フィールド構築記録

<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。